読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 Operation 使い方

Operation

読み方:オペレーション

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図1

Operationとは、これから作成するモデルの操作を設定する項目である。

Box*1コマンドやExtrudeコマンドなど多くのコマンドで共通して要求される項目のひとつであるため当記事にて解説する。

 

Operationには以下の5種類の操作がある。

  1. Join = 和のブーリアン演算(足し算)
  2. Cut = 差のブーリアン演算(引き算)
  3. Intersect = 積のブーリアン演算
  4. New Body = ボディ新規作成
  5. New Componet = コンポーネント(部品)新規作成

 

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図2

解説のため上図のように直方体とスケッチの円を用意した。

これからスケッチの円をExtrudeコマンドで押し出してOperationのそれぞれの結果をみていくことにする。

 

Join

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図3

OperationをJoinにした状態でスケッチの円を押し出した結果、1つのBodyに一体化されている。

 

Cut

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図4

OperationをCutにした状態でスケッチの円を押し出した結果、直方体から円の押し出し形状が除去(Cut)されている。またBodyの数は1つである。

 

Intersect

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図5

OperationをIntersectにした状態でスケッチの円を押し出した結果、直方体と円の押し出し形状の交差している部分だけが残り、他は除去された。

 

New Body

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図6

OperationをNew Bodyにした状態でスケッチの円を押し出した結果、新規ボディとしてBody2が作成された。直方体のモデルには何の影響もない。

 

New Componet

3DCAD Fusion360 Operation 解説

図7

OperationをNew Componentにした状態でスケッチの円を押し出した結果、新規コンポーネントとしてComponent1:1が作成された。直方体のモデルには何の影響もない。

 

おわり