読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

123D Design Primitives Sphere 使い方

Sphere

場所:ツールバー>Primitives>Sphere

読み方:スフィア

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図1

Sphereは、マウスカーソルを合わせたポイントに球体を作成することができる。

Sphereコマンドの実行後、マウスカーソルに追従するように半透明の球体が表示される(図2)。

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図2

図2中の用語について

Radius = 球の半径を決める。

 

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図3

図2の状態で左クリックで球体の配置場所を決定すると球体が作成される(図3)。

 

球体の配置の仕方

配置方法には上記で取り扱ったグリッド面上に配置する方法以外にもうひとつある。

それは既存モデルを用いる。

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図4

モデルの配置方法の解説のため、今回は外見が白色の土台を用意した。

 

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図5

Sphereコマンド実行後、既存モデルのエッジ端点や中点、面の中心付近にマウスカーソルを合わせると自動でスナップされ正確に配置することができる(図5)。

 

球体の寸法

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図6

球体の形状寸法を変更する方法は、画面下部に表示される数値入力欄の数値を変更することでできる。

 

材質(外見)変更

3DCAD 123D Primitives Sphere 使い方

図7

Sphereコマンドを実行し表示される画面下部のメニューにMaterial(マテリアル、材質)というボタンがある。

これを左クリックすることでこれから作成するモデルの外見を変えることができる。

詳しいやり方はBoxコマンドと同様のため解説は省く。

123D Design Primitives Box 使い方 - いそっぷ3DCAD塾

 

おわり