読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 CREATE Pipe 使い方

Pipe

場所:MODELツールバー>CREATE>Pipe

読み方:パイプ

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図1

Pipeは、作成するモデルの通り道を選択し、直径等を指定してパイプ形状を作成することができる。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図2

図2中の用語について

  • Path = 通り道。スケッチの線や既存モデルのエッジを選択する。
  • Chain Selection = チェーン選択。
  • Distance = 距離。0~1.0で距離を指定できる。
  • Operation = 作成するモデルの操作。
  • Section = 断面形状。
  • Hollow = 中空。

 

Pathの選択

選択方法には以下2つの方法がある。

  1. スケッチ曲線を選択する。
  2. 既存のモデルのエッジを選択する。

1の方法は図2と同じ結果となるため解説を省く。

 

次に方法2についてみていく。

まず、既存のモデルを選択するが、今回は下図のモデルを使用する。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図3

Pipeコマンド実行後、図3のモデルのエッジにマウスカーソルを合わせている(図3)。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図4

エッジ選択後、数値を少しいじった結果が図4となる。

 

Chain Selectionについて

チェーン選択ともいうが、こちらの使い方をみていく。

デフォルトではChain SelectionはONになっている。

これはつながっているとみなされる線、エッジは自動ですべて選択される。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図5

図5左はChain Selection:ON。右はChain Selection:OFFにしている。

  • ONのときはつながっている(正接)エッジはすべて選択されている。
  • OFFのときはひとつのエッジ要素(交点まで)を選択している。

 

Operationについて

Operationについては別の記事にて解説する。

Fusion360 Operation 解説 - いそっぷ

 

Sectionについて

Sectionでは断面形状を変更できる。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図6

  • Circular = 円形(図7左)。
  • Squware = 正方形(図7中央)。
  • Triangular = 三角形(図7右)。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図7

 

Hollowについて

Hollowではパイプ形状を中空にするかしないかを設定できる。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図8

図8左はHollow:OFF。図8右はHollow:ON。

 

HollowをONにすると新しい数値入力欄が表示される。

3DCAD Fusion360 CREATE Pipe 使い方

図9

  • Section Thickness = 厚さを決めることができる。

 

おわり