読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 スケッチの始め方

スケッチの始め方

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図1

ツールバー>SKETCH>Create Sketch を選びスケッチを開始します。

(この時LineやRectangleなど他のスケッチコマンドでもOK)

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図2

次にスケッチ面を選ぶ必要がありますが、画面内になんのモデルもないときは

Origin(原点)の平面が3つ用意されているので、それらの内1つを選択します。

マウスカーソルを合わせると選択されている平面が白くハイライトされるのでわかります。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図3

スケッチ面を選択すると画面が切り替わり、上図のようになります。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図4

画面左上のブラウザに注目すると、SketchesというフォルダにSketch1が追加されているのがわかります。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図5

画面左下のタイムラインには、スケッチのアイコンが表示されました。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図6

画面右にはSKETCH PALETTEというウィンドウが表示されており、こちらでスケッチの拘束条件などを設定することもできますが、当記事では解説しません。

Look Atは、画面が迷子になったときに使うとスケッチにカメラを合わせてくれるので覚えておくと良いかと思います。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図7

さて、スケッチ面を決めたら自由にスケッチすることができます。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図8

スケッチを終了するには、ツールバーの一番右にあるSTOP SKETCHを左クリックします。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図9

スケッチを終了するとこのような感じになります。

 

3DCAD Fusion360 スケッチの始め方

図10

後から、さっき描いたスケッチを編集したいなと思ったときは

画面左下のタイムラインに表示されているスケッチアイコンを右クリックし、Edit Sketchでスケッチの編集ができます。

 

おわり