読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 ユーザーインターフェース

起動後の画面

3DCAD Fusion360 ユーザーインターフェース

図1

Fusion360の起動後最初にみる画面である(図1)。

当記事では大まかに解説していこうと思う。

それぞれ詳細な解説を別記事にて書いていく予定。

 

画面左上:ツールバーなど

3DCAD Fusion360 ユーザーインターフェース

図2

画面左上には、以下の4つがある。

  • メニューバー = データパネルの表示切替、データの新規作成、保存
  • ワークスペース = MODEL、SCULPT、RENDERなど
  • ツールバー = 各コマンドがこのツールバーに表示される
  • ブラウザ = 部品データの構成要素をツリー状に表示する

 

画面右上:環境設定など

3DCAD Fusion360 ユーザーインターフェース

図3

画面右上には、以下の3つがある。

環境設定 = 表示、単位設定などができる

ヘルプ = ヘルプやチュートリアルを見ることができる(英語)

ビューキューブ = 表示の回転や、平行投影・パース表示の切替

 

画面中央下部:カメラ操作など

3DCAD Fusion360 ユーザーインターフェース

図4

画面下部にはナビゲーションバーがあり、それらは以下の8つに分けられる。

  • オービット = 表示(カメラ)の回転
  • ルックアット = 面に対し垂直な視点でみる
  • パン = 表示の移動
  • ズーム = 表示の拡大縮小
  • フィット = ウィンドウフィット表示
  • ディスプレイ設定 = シェード表示や環境の設定
  • グリッドとスナップ = グリッド表示やスナップの設定
  • ビューポート = 1画面表示か4画面表示かを切り替える

 

画面左下:モデリングの履歴など

3DCAD Fusion360 ユーザーインターフェース

図5

画面左下にはモデリングの履歴(フィーチャー)を残すタイムラインがある。

(図5下の画像は、少しモデリングを進めたデータ)

 

おわり