読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 CREATE Revolve 使い方

Revolve

場所:MODELツールバー>CREATE>Revolve

読み方:リボルブ

別名:回転押し出し

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図1

Revolveは、閉じたスケッチかモデルの平面と回転の中心となる軸を選択して押し出してモデルを作成することができる。

 

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図2

図2中の用語について

  • Profile = 閉じたスケッチの領域か、モデルの平面を選択する。
  • Axis = 軸かモデルのエッジを選択する。
  • Type = 範囲の変更。
  • Angle = 角度(Type:Angleの場合)
  • Direction = 方向。
  • Operation = 作成するモデルの操作。

図2ではProfileに正方形に描いたスケッチ、AxisにはY軸(緑色の軸)を選択している。

 

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図3

ちなみに図2左の画像ではOriginを表示している。

 

Profileの選択

選択方法には以下2つの方法がある。

  1. 既存の閉じたスケッチの領域を選択する。
  2. 既存のモデルの平面を選択する。

1の方法は図2と同じ結果になるため解説は省く。

 

次に2の方法についてみていく。

まず、既存のモデルとして既存の直方体を作成しておいたのでそれを利用する。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図4

Revolveコマンド実行後、Profileとして直方体の面(青くハイライト)を選択し、AxisにY軸(Origin、緑色の軸)を選択している(図4)。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図5

その後、Angleに数値を入力するか、円アイコンのハンドルを左ドラッグすることで押し出すことができる。

 

Typeについて

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図6

Typeには以下3つの種類がある。

  • Angle = 角度による押し出し量指定
  • To = 選択する他のオブジェクトまで回転押し出し
  • Full = 360度回転押し出し(Angleでの360度と同じ)

 

Angleは基本的かつ、図5の内容と被るためここでの解説は省く。

 

次にType:Toをみていく。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図7

今回Toの解説のために、正方形のスケッチと、赤いモデルを用意した。

Revolveコマンド実行後、Profileにスケッチを選択しAxisにはY軸を選択した。

次にTypeをToに切替えた(図7)。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図8

そして回転押し出しの終端となるオブジェクトを選択することになるが、ここでは赤いオブジェクトの手前の面を選択した(図8)。

OperationはNew Bodyにしてある。

 

最後にType:Fullをみていく。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図9

結果はType:Angleの360度と全く同じである(図9)。

 

押し出す距離(Angle)

距離の変更には以下2つの方法がある。

  1. 円アイコンの(角度)ハンドルを左ドラッグする(図10)。
  2. REVOLVEウィンドウ内のAngleの数値を変更する(図11)。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図10

 

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図11

 

Directionについて

Directionには以下3つの種類がある。

  • One Side = 片方向(図12左)。
  • Two Side = 両方向(図12中央)。
  • Symmetric = 対称(図12右)。

3DCAD Fusion360 CREATE Revolve 使い方

図12

One Sideは片方向の角度のみを指定して回転押し出しすることができる。

Two Sideは両方向それぞれの角度を指定して回転押し出しすることができる。

Symmetricは指定した角度で対称に回転押し出しすることができる。

 

Operationについて

Operationについては別の記事にて解説する。

Fusion360 Operation 解説 - いそっぷ

 

おわり