読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

123D Design Sketch Rectangle 使い方

Sketch Rectangle

場所:ツールバー>Sketch>Sketch Rectangle

用途:長方形を描く

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図1

Sketchの各コマンドを使うには最初にスケッチ面を選択する必要がある。

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図2

今回は画面上になにもない新規作成の状態から始める。

Sketch Rectangleコマンドを実行後、スケッチ面としてグリッドを選択する。

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図3

ここでスケッチを見えやすいようにTOPビューに移動する。

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図4

始点と対角点を左クリックで指定することで長方形を描くことができる。

図4はグリッドにスナップさせ10mm x 10mmの正方形を描いている。

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図5

グリッドにスナップさせるだけだと細かい寸法のスケッチが描けない。

そこで数値入力欄にそれぞれ数値を入力する方法もある(図5)。

数値の入力を切り替えるにはTabキーが便利。

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図6

寸法を確定させ長方形を描くと図6のように、外形線の内側の領域が半透明の青で塗りつぶされる。(スケッチが閉じていると領域が色で表示される)

3DCAD 123D Design Sketch Rectangle 使い方

図7

スケッチを終了するには、緑色のチェックマークを左クリックするか

Escキーで終了することができる。

 

おわり