読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

123D Design Construct Revolve 使い方

Revolve

場所:ツールバー>Construct>Revolve

用途:領域の回転押し出し

3DCAD 123D Design Construct Revolve 使い方

図1

Revolveコマンドを実行するには閉じたスケッチか、モデルの面を選択する必要がある。さらに回転の中心となる軸(スケッチ線、モデルのエッジ)を選択する。

3DCAD 123D Design Construct Revolve 使い方

図2

今回は図2のスケッチを選択し回転押し出ししようと思う。

Revolveコマンドを実行後、閉じたスケッチの領域を左クリックで選択する。

3DCAD 123D Design Construct Revolve 使い方

図3

その後、スケッチの左側の直線を回転軸として選択した。

表示された円ハンドルを左ドラッグして回転押し出しすることができる。

3DCAD 123D Design Construct Revolve 使い方

図4

もしくは図4のように数値を入力して距離を指定することもできる。

3DCAD 123D Design Construct Revolve 使い方

図5

数値入力欄横にあるコンテキストメニューには、4つのオプションが用意されているがこれらについては別の記事にて解説する(図5)。

 

動画

 

おわり