読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Rhinoceros サーフェスをミラーしたときに出来るシワ対策

前書き

左右対称のものをモデリングする場合に、片側だけをモデリングしてミラーコマンドで反対側をコピーするやり方は車のモデリングなどでよく使います。

しかし、やり方に気を付けないと下の失敗例のようにシワができてしまいます。

失敗例

3DCAD Rhinoceros サーフェスをミラーしたときに出来るシワ対策

上の図のように単純に2レールスイープでつくったサーフェスをミラーで反対側にコピーした場合

反対側の曲面との連続性がなくシワができています。

3DCAD Rhinoceros サーフェスをミラーしたときに出来るシワ対策

次の成功例ではシワができないように対策してみます。

成功例

3DCAD Rhinoceros サーフェスをミラーしたときに出来るシワ対策

上の図は2レールスイープ時に、水平に押し出したサーフェスのエッジをレールとして選択しています。

レール曲線オプションで曲率を選びます。

これにより、ミラーで反対側に曲面をコピーしてもシワができません。

3DCAD Rhinoceros サーフェスをミラーしたときに出来るシワ対策

このように、ミラーコマンドを使うモデリングでは

反対側の曲面との連続性を意識しながらモデリングしていく必要があります。

 

おわり