読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

【チュートリアル】123D Design ボタン指輪 Part2

3DCAD 123D Designでボタンを付けられる指輪のモデリング(チュートリアル)をしていきます。

モデリングの流れ

  1. 指輪のスケッチを描く(Part1)
  2. スケッチを押し出す(Part2)
  3. ボタンの4つ穴のスケッチを描く(Part2)
  4. スケッチを押し出してカット(Part2)
  5. 完成

前回の記事

【チュートリアル】123D Design ボタン指輪 Part1 - いそっぷ3DCAD塾

スケッチの押し出し

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図1

前回描いたスケッチを押し出していきます。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図2

ConstructのExtrudeコマンドを使います。

押し出す領域は、前回描いたスケッチを選択

ここで押し出し効果を見やすくするために表示を回転させておきます。

(ビューキューブのホームビューでも良い)

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図3

8mm押し出します。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図4

ここで不要になったスケッチを隠します。

画面右側のメニューからHide Sketchesを選択します。

4つ穴のスケッチ

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図5

ボタンの糸を通す4つ穴のスケッチを描いていきます。

補助線としてPrimitivesのRectangleを使います。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図6

図6のように指輪の台座の面にマウスカーソルを合わせます。

中心付近にあわせると自動でスナップして中心に合わせてくれます。

寸法は4mm x 4mmにして、正方形を描きます。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図7

次に、SketchのCircleコマンドを使い穴のスケッチを描きます。

スケッチ面には図7のように、先ほど描いた正方形のスケッチを選択します。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図8

スケッチを描きやすいように、ビューキューブからFRONTビューを選択し表示を変更します。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図9

正方形の角を中心に直径2mmの円を描きます。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図10

同様の操作で円を4つ描きます。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図11

最後にスケッチの押し出しカットを行います。

ConstructのExtrudeコマンドを実行後、表示される矢印ハンドルを奥側に2mm以上ドラッグし確定します。

(数値入力でもよい)

押し出し効果が赤く表示されていれば問題ありません。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図12

Hide Sketchesで不要になったスケッチを非表示にします。

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図13

これでボタン指輪の完成です。

下のチュートリアルでモデリングしたボタンを、画面左上のメニューのInsertで挿入してSnapコマンドで組み合わせることもできます。

【チュートリアル】123D Design ボタン Part1 - いそっぷ3DCAD塾

【チュートリアル】3DCAD 123D Design ボタン指輪 Part2

図14

図14では、Insertでボタンを挿入し、Snapコマンドでボタンの裏面と指輪の台座の面を合わせています。

 

おわり