読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

【Arduino電子工作】LEDの光を徐々に明るくしていく

目的

LEDの光を徐々に明るくしていく

じわ~っと明るくしていく感じ

 

今回つかうもの

過去記事と同じ

 

設計・計算

過去記事と同じ

プログラミングにおいての考え方をここに書いておくと

LEDの明るさを変化させていく場合つかうコマンドはanalogWriteになります

つまりPWMで電圧制御による明るさ変更をしていきます

 

analogWrite( led, value ); のvalueの値を0~255の間で変化させれば

明るさを変更することができます

 

方法はいくつかありますが、今回はfor文を使って表現しようと思います

 

回路

過去記事と同じ

 

プログラム

/*
目的:LEDの光を徐々に明るくしていく
http://www.isopro91.com
2015/5/31
*/

int led1 = 13; //変数名led1に13を代入して宣言
int val = 0; //value(値)をいれる変数を宣言 valという変数名は定番

void setup() {
}

void loop() {

    for(int i=0; i<256; i++){ //iの値が0から255になるまでループ
      val = i; //変数valにiの値を代入
      analogWrite(led1, val);
      delay(15); //こういうループ系にはdelayをいれておく
    }

}

 

実際の動作

 

for文をつかって徐々に変化させていくというやり方はロボットのサーボモータにも適用することができます

緩やかに角度を変化させていきたい、ぬるっとした動作をさせたいときなどにfor文をつかって制御すると気持ちのいい結果を得られるとおもいます

 

おわり