読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

【Arduino電子工作】LEDでホタルっぽい光を表現

目的

ホタルのように、じわ~っと光り、じわ~っと消えていく感じの光を表現していきます

 

今回使うもの

過去記事と同じ

 

設計・計算

過去記事と同じ

さて、じわ~っとした光はどう作るのか

下記記事でやった方法と同じです

今回は表現の仕方が若干異なるぐらいです

プログラムにちょっと内容を足すだけでできます

for文を2回つかいます

徐々に明るくしていくfor文

徐々に暗くしていくfor文

 

回路

過去記事と同じ

 

プログラム

/*
目的:LEDの光を徐々に明るくしていく
http://www.isopro91.com
2015/5/31
*/

int led1 = 13; //変数名led1に13を代入して宣言
int val = 0; //value(値)をいれる変数を宣言 valという変数名は定番

void setup() { //setup()内の処理は最初の一回だけ行われる
    for(int i=0; i<10; i++){ //最初にちょっとだけ光らせておく
      val = i;
      analogWrite(led1, val);
      delay(15);
    }
}

void loop() {

    for(int i=10; i<151; i++){ //明るさを10から150に
      val = i;
      analogWrite(led1, val);
      delay(15);
    }

    for(int i=150; i>9; i--){ //明るさを150から10に
      val = i;
      analogWrite(led1, val);
      delay(15);
    }

}

 

実際の動作

 

おわり