読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

動画による解説

 

Sweep

場所:MODELツールバー>CREATE>Sweep

読み方:スイープ

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

Sweepは、閉じたスケッチかモデルの平面を選択し、通り道として選択した曲線やモデルのエッジに沿った形状をつくることができる。

 

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

Sweepウィンドウ内の用語について

  • Profile = 閉じたスケッチかモデルの平面を選択する
  • Path = 通り道となる曲線かモデルのエッジを選択する
  • Chain Selection = Pathの選択時、接線状態にある曲線・エッジを自動で選択するかどうか
  • Distance = 距離
  • Orientation = Pathに対し断面形状を垂直にするか平行にするかを選択する
  • Operation = 作成するモデルの操作(新規・和・差・積)

 

ProfileとPathの選択

ProfileとPathはそれぞれスケッチの曲線を使うか、モデルの面やエッジを使うかを自由に選択することができる。

それぞれについて詳しく見ていくこととする。

 

スケッチだけで実行する場合

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

Profileには円を選択し、Pathには直線(曲線でもよい)を選択する

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

そうした場合、上の画像のような形状を作成することができる

 

Profileはスケッチ、Pathはモデルのエッジを選択する場合

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

Profileには円のスケッチ、Pathにはモデルのエッジを選択する

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

そうした場合、円の断面形状をもったオブジェクトがモデルのエッジに沿って作成される。(Operation=Cut)

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

OperationをJoinに変更した場合

 

Profileをモデルの面、Pathもモデルのエッジにした場合

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

ProfileとPathはそれぞれ画像内の赤矢印で指し示している箇所を選択する。

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

そうした場合、円の断面形状をもったオブジェクトがモデルのエッジに沿って作成される。(DistanceをいじってPathの途中で押し出しを止めている)

 

 Distanceについて

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

Distance、つまり距離を操作する方法には2通りある。

  • 矢印ハンドルをドラッグする
  • SweepウィンドウでDistanceの数値を変更する

操作は簡単なためここでは省かせていただく、なお記事冒頭の動画内では解説している。

 

Orientationについて

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

( Orientationは方向・方位といった意味がある)

Orientationには2つのタイプがある

  • Perpendicular = Pathに対し垂直
  • Parallel = Profileに対し平行

これらのタイプ選択によってどのような変化がおきるのかを実際にみていく。

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

手前のふたつのスケッチはそれぞれ同じ寸法で描かれている。

これらを使いタイプ別のスイープ形状を作成してみる。

Fusion360 CREATE Sweep 使い方

モデル作成時どちらのタイプを選ぶかは個人の自由ですので、状況に応じて選択すると良いでしょう。

 

Operation(別の記事)

Operationについては別の記事にて解説している

Fusion360 Operation 使い方 - いそっぷ3DCAD塾

 

おわり

Fusion360 目次・まとめ - いそっぷ3DCAD塾