読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそぷろのブログ

おもしろいことを考えていきたい

Fusion360 CREATE Rib 使い方

動画による解説

 

Rib

場所:MODELツールバー>CREATE>Rib

読み方:リブ

Fusion360 CREATE Rib 使い方

Ribはモデルと隣接する形で描かれた開いた曲線から薄い・細い形状をつくりだすことができる

 

Fusion360 CREATE Rib 使い方

RIBウィンドウ内の用語について

  • Curve = 開いた曲線を選択する
  • Thickness Options = シンメトリーか一方向にするかを選択
  • Depth Options = リブの深さ指定の変更
  • Thickness = 厚さ
  • Depth = Depth OptionsをDepthに変えた場合に表示、深さを指定
  • Flip Direction = 方向反転

 

Curveの選択

Fusion360 CREATE Rib 使い方

Curveの選択では開いた曲線を選択する、決してProfileではない

また曲線の両端部がモデルに接している必要がある

 

Thickness Options

詳しい説明は省く、一応動画内では操作の様子を少し見せている

  • Symmetric = シンメトリー、左右対称
  • One Direction = 片方向

 

Depth Optionsの違い

タイプは二種類ある

  • To Next = 次のフィーチャー(モデル、形状)まで
  • Depth = 深さを任意に指定する

Fusion360 CREATE Rib 使い方

Depth Options:To Nextの状態でThickness(厚さ)を増やした状態

ちなみにリブ深さの方向が逆になっていたので、Flip DirectionもONにしている(動画参照のこと)

Fusion360 CREATE Rib 使い方

次はDepth Options:Depthの状態

こちらはリブの深さを自分で指定することができる

 

おまけ

Fusion360 CREATE Rib 使い方

このようなボックス型の形状に対しても開いた曲線からリブを追加することができる

Fusion360 CREATE Rib 使い方

もちろん曲がった線からもリブを作成できる

 

おわり

Fusion360 目次・まとめ - いそっぷ3DCAD塾